ニュース&ブログ

今月のプレイデートは、BeeBee Englishから車で5分ほどの『漫湖水鳥・湿地センター』にお邪魔させていただきました^^
*漫湖はラムサール条約に登録されている都会の中の湿地。水鳥やカニ、魚など様々な生き物が観察できます。

今回は干潟体験です。
総勢88名。人数が多かったため、グループAとBに分けて体験。
スタッフの方々のご配慮ときめ細やかなサポートもと、干潮時に干潟に降りて水辺の生き物たちを観察しました。

干潟では、見た目は泥にしか見えないドロアワモチ(殻を持たない巻き貝の仲間でナメクジのよう)、いろいろな種類のシオマネキ(カニ)、脱皮したカニの殻など、スタッフの方が色々な生き物をつかまえて見せてくれました。
また、カニのオスメスの見分け方や卵の数、脱皮の方法などたくさんのことを教えてくれました。(カニって目にまつ毛があるの知ってました??)
他にも泥沼で泥にはまるのを楽しんだり、一生懸命カニをつかまえたり、恐がったり、おとなもこどもも観察の時間を楽しんでいる様子でした。

待っている間も展示室や2階の野鳥観察ブース、手作りの木製パズルやブロック、絵本や塗り絵スペースなどを利用して楽しく過ごすことができるのんびりとした素敵な施設です。

渡り鳥が来る前の限定された期間。滅多に降りることがでいない干潟。
とても貴重な体験をさせていただきました。

安全に楽しくアクティビティができたことに感謝します。
関係者のみなさま、どうもありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。