BeeBeeについて

BeeBee のミッション

言葉はつばさ。世界が広がる。世界が近づく。

BeeBee Englishのミッション(使命)は、言葉の持つ力と喜びをより多くのこども達に伝えることです。どうしてか――――。
世界は、グローバル化の波のなかで、めまぐるしく進化しています。世界中の人々が国境を越え、文化を越え、言葉の壁を越えて交流し、考え方と行動の幅を広げながら、新しいものを次々に生み出しています。
科学技術は日々進歩し、社会経済が地球単位で発展する中、人々の物の見方、感じ方、考え方、生き方、働き方はこれまでになく大きく、そして早いスピードで変化しています。
世界は、もっと自由に、さらに遠くへ向かっています。
グローバル化、そしてその先の時代を生きるこども達にとって、言葉は、翼となり、世界を広げ、世界を近づける力になります。
言葉はつばさ。世界が広がる。世界が近づく。

コンセプト

英語に興味をもち、英語を楽しみ、英語が好きになる。

英語に興味をもち、英語を楽しみ、英語が好きになる。
英語は、スポーツと同じ、実践の科目です。
泳ぎ方の本を読むだけでは、泳げるようにはならないように、机に向かって勉強するだけでは、英語は話せるようにはなりません。
たくさんの英語体験と反復練習、そして、時間が必要です。これらは、本人の意志がなければ、実現しません。裏を返せば、本人の意志があれば、英語は習得できます。その原動力は、「好き!」です。英語に興味をもち、英語を楽しみ、英語が好きになる。そうすれば、こども達は自然と英語に向き合い、英語学習が習慣化し、英語が日常の「あたりまえ」になります。
長い道のりですが、それは、発見と感動に溢れています。その道は、「好き!」から始まり、「英語の先にある世界」へどこまでも続きます。

BeeBeeの講師陣

講師は全員バイリンガル。だからこそ出来ることがある。

講師は、母国語以外に他言語を習得したバイリンガルです。他言語を習得することで広がる世界を体感し、言葉が持つ力を知っています。伝えたいことが伝わらない歯がゆさ、伝えられたときの喜び、継続することの大切さと難しさ、その過程で得られるものを知っている私達だからこそ出来ることがあります。
・Respect individuals.(こども達のよき理解者になります)
・Capture curiosity and ignite the internal fires of learning.(興味を捉え、学ぶ意欲を引き出します)
・Cultivate a Love of Learning.(学ぶ喜びを伝えます)
・Support students learn better.(より良く学べるようにサポートします)
私達が「英語の先にある世界」への窓となり、こども達をバイリンガルへとガイドします。
講師は全員バイリンガル。だからこそ出来ることがある。

学び方を学ぶ

楽しくないと、続かない。楽しいだけでは、意味がない。

楽しくないと、続かない。楽しいだけでは、意味がない。
私達のゴールは、こども達が自立して英語学習ができるようになること、そこに至るまでの最良のサポートをすることです。
こどもには、自ら成長する力が備わっています。BeeBee Englishは、こども達が英語力を育てながら、「学び方」を学ぶサポートをします。
言語学習は、インプットとアウトプットです。インプットの質と量がアウトプットの深さと広さに繋がります。英語学習の導入期は、「聞く」、「読む」のインプットが中心。歌やアクティビティー、読み聞かせを通して、体全体で英語の音、リズムをインプットします。また、絵本を多読し、読書の習慣を身につけます。英語学習の成長期は、「話す」、「書く」へ。アウトプットを増やしていきます。インプットした基本文を応用して文章を構成し、話す・書く技術を身につけます。

絵本教材

絵本がこどもと英語をつなげる。

こどもは興味を感じないことには見向きもしません。こどもの能力は必要に応じて成長するように出来ているため、こども自身が英語に必要性を感じない限り、英語力は育ちません。こどもは、生活環境の中で成長します。こどもの「必要なこと」もまた、その生活環境の中で発生します。多くの日本人家庭には、こどもと英語を繋げる要素がありません。そこで、私達がその橋渡しをするのですが、英語の絵本もまた重要な役割を果たします。絵本の中で展開される物語を通じて、こどもは、物語の世界を疑似体験します。絵本の読み聞かせは、感覚に語りかけ、こころに響きます。そうすると、英語に対して親しみを感じ、つながりが生まれます。絵本が好きになれば、英語が生活に取り込まれ、自分の言葉になります。
【主な教材】CTP:Learn to Read/ORT:Oxford Reading Tree
絵本教材

関連ページ

©  こども英会話 BeeBee English All Rights Reserved.
PAGE TOP